SSブログ
前の1件 | -

水曜ミステリー9 横山秀夫特別企画「永遠の時効」 ネタバレ 感想~それぞれのトラウマが怖い。 [気になる2時間ドラマ/SPドラマ]

水曜ミステリー9 横山秀夫特別企画「永遠の時効」
にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村
広告





[あらすじ]
山梨県警本部で殺人などの凶悪事件を扱う捜査一課の強行犯係は、3つの班に分かれ、互いにシノギを削っている。少しでも多く早く事件を解決し、次のヤマを食う…彼らを突き動かしているのは、その強烈なライバル意識だ。一班の主任・田中武次(中村俊介)は、腕利きの取調官。自分のことを「人の恨み方を知っている人間」だと言う田中は、心に闇を抱えている。

屋敷(相島一之)率いる特殊班に駆り出された田中は、何者かに拉致され性的暴行を受けた丹羽奈保子(入来茉里)の聴取を行っていた。2人組の男に監禁され山奥で放置されたというが、供述がどこか曖昧だ。そんな奈保子を、田中は極限状態の中で犯人に愛情を抱く"ストックホルム症候群"であると推測。報告を聞いた刑事部長・尾関(伊武雅刀)らは、奈保子を医療機関に託すべきか考え出すが、楠見(光石研)は、何かを見落としていると指摘する。

そこへ白骨死体を乗せた乗用車が、沼から発見されたとの一報が入る。奈保子が保護された場所と沼が近く、捜査中に偶然発見されたという。所有者は、10年前の12月に家族から捜索願が出ていた、ホステスの赤坂唯(田代さやか)。事件を任された一班は、車の移動経路などから不審な点に気づく。さらに当時、車両ナンバーの自動読取システムを調べるよう促した新聞記者がいたことがわかり、事件性を疑う。

田中と森隆弘(鈴之助)は、唯が働いていたスナックのママ・魚住貴子(洞口依子)に会いに行く。唯は貴子に、近く店を辞めることをほのめかしていた。しかも常連だった東西新聞の記者・阿東久司(鈴木一真)が、唯の失踪後から店に来なくなり、直後に別の女性と結婚していた。翌日、2人は阿東のもとに向かうが、任意同行を拒否されてしまう。

動機と状況証拠が揃い始めた唯の事件は、阿東の犯行である線が強まるが、物証が弱い。そこで阿東を引っ張り出すため、朽木と田中は、東西新聞へ乗り込む。その頃、奈保子は楠見に連れられ、取調室の中にいた。沼から死体があがったと告げると、奈保子は驚きの表情を見せる…。
HPより引用


原作はコチラ

横山秀夫『永遠の時効』


めっちゃ楽しみにしていたこのドラマ。

こちらは、TBSでシリーズ化されていて、面白かったんよね~。

リアルタイムでは観てないんやけど、BSの再放送で。

なので、放映順には観ておりません。

もし、今回のテレ東のが面白くなかったら、それはもう脚本が悪いとしか言い様がない(苦笑)


まず班長とお偉方のキャストは


1係 朽木 渡辺謙→田中哲司
2係 楠見 段田安則→光石研
3係 村瀬 伊武雅刀→なし?

捜査第一課課長     橋爪功→矢島健一
尾関泰嗣(刑事部長) 寺田農→伊武雅刀



渡辺謙は第一作しか作られていなくて、その後ハリウッドデビュー。
苦し紛れに、渡辺謙の役もアメリカ出張ってことであとのシリーズは出ていない。


今回のドラマ、3係の村瀬班がいない。

TBS版の村瀬の役は伊武雅刀なので、同じ訳ではないが、キャストがかぶっている。
朽木役の田中哲司もTBS版では若手の3係の刑事だった。

2係の楠見役の光石研は、TBS版の第一作では検事役、第3作では暴力団対策課の刑事役で確か・・・犯人とツーツーの役だった記憶。

中村俊介の役は、唐渡亮、カッコ良かったよね~~。
中村俊介とはまた違うイメージだけど。
そうそう、唐渡亮の役名は田中裕二 役だったけど、今回の役名は田中武次だって。


しかし、TBS版のドラマが良作で印象に残っているので、誰がどの班長か全然わからね~。


・・・・・


取調官の中村俊介。


中村俊介は精神科病棟に入院している母親(岡本麗)がいる。
中村俊介が小学生の頃、父親は母親に金を無心し、暴力を振るう。
典型的なDV野郎だった。
その日も、父親は母親に金を要求し、断られると暴力をふるい、金を持ち出した。

母親は、もちろん父親を憎んでいる。
死んでしまえ!と言う。

しかし父親は中村俊介には少し愛情はあるようだ。

金を持って逃げた父親を追いかける中村少年。

鉄橋の上で追いつく。

「お前なんか、死んでしまえ!死んでしまえ!死んでしまえ!」

父親の顔から笑顔がなくなり、表情がこわばる。
母親が中村少年の口を塞ぐ。
電車のサイレンが聞こえる、父親が飛び降りる。
母親が中村少年の目を塞ぐ。

「私が悪いの。私が悪いの。私が悪いの。」

・・・・・


父親が自分のせいで自殺したことは、母親が気が狂ったから誰も知らない、罪を背負って生きてる。

こんなトラウマ辛いな。
オヤジ、クズのくせにメンタル弱し。
母親、この件で精神を病む。


強行班の刑事はみんなトラウマ持ってんな。

田中哲司の役も、パトカーで幼女をひき殺した過去があり、幼女の母親に、「 死ぬまで笑うな!」といわれ、それ以来笑うことはなく離婚もしたという過去がある。

しかし、最近、おちゃらけた役の多い田中哲司にそれをやらせても、「笑うんじゃね~か?」って思ってします。



・・・・・

ホステス殺しの犯人は新聞記者の鈴木一真。
鈴木一真は、二股をかけていて、ホステスを捨てようと思った。
そして、殺した。

殺害理由はシンプルで、鈴木一真も殺したこと以外はすべて認めている。

しかし、証拠がない。

押収した鈴木一真の私物から
「41・51」と「10・8」
と鈴木一真が書いていた数字が見つかる。

これはなんの数字なのか。

鈴木一真がホステスを殺した時の年齢が26歳。

殺人の時効が15年なら出てきたら41歳、25年なら51歳。

15年で時効になるように、殺人を犯したが・・・殺害してから、5年経った時に、時効は廃止になった。

時効まで残り10年で時効が無くなった、「8」ではなく「∞」だった。

中村俊介は、「怖いんだろう。ずっと苦しめ、自供するな!しゃべるな!自供するな!」

と鈴木一真を追い詰める。

鈴木一真は犯行を自供したくなるw

ちょっと斬新な取り調べよね。

これ、中村俊介が男前じゃなかったら、わらけたかもw

しかし、物証は結局なかったんじゃないかな。
自供しても裁判でひっくり返せば、一事不再理で、無罪になりそう。


・・・・・・


そして、最初の何者かに拉致され性的暴行を受けた丹羽奈保子(入来茉里)の事件。

二人組の犯人に襲われた。

曖昧な供述しかしない彼女。

犯人たちは、お互いにAくん、Bくんと呼んでいて名前もわからないと言う。



取り調べをした中村俊介は、彼女を「ストックホルム症候群」だと言う。

確かに彼女はストックホルム症候群だった。

AとBどちらに恋したのか・・・。

しかし、中村俊介もほかの刑事たちも見落としをしていた。

彼女が車で連れ去られたところを見た少年の証言
「二人組の男に連れ去られた」
少年がみたのは二人組の男だったが、車を運転していた男がいたのだ。

犯人は3人組だった。

彼女が恋したのはCだった。

Cは「身代金要求」をしようとするAを殺す。

そして、彼女を逃がそうとロープをほどいているところで、Bが帰ってくる。

Bを撲殺。

死体は彼女と協力し、湖に捨てた。

また会う約束をして別れる。



いや~。ま、吊り橋現象とかあるけど・・・ストックホルム症候群って、本当にこんなことが起きるの?

男3人レイプ犯ですよ。

レイプの被害にあっていて、レイプ班に恋するかなぁ。

しかもその理由は「3人の中で一番優しかったから。」

優しい人間は、監禁レイプなんてしない。



ゲスの楠見(光石研)はそのことに気づき、

「湖で遺体が発見された」
「今その犯人を中村俊介が取り調べている」
「正直に話したら、その犯人に会わせてやる。」


彼女は、遺体はAだと勘違い。
中村俊介が取り調べているのは、Cだと勘違い。
会いたいがために、正直に話してしまう。


鈴木一真を落とした中村俊介も、最後は駄目刑事でしたオチなのか?



TBS版を超えるなんて思っていなかったんで、こんなもんかな。

中村俊介が浅見光彦に見えることもなかったし。
すこ~~し、軽く見えるのは、中村俊介が男前やからかな。

今回のドラマは中村俊介が主演のドラマ。

TBS版は、ナレーションをしている人が主演ってことなんでしょうが、そこまではっきり「主演」とわからないというか。
圧倒的に画面に写っている人がいなくて、「みんな主役」と言う感じ。

どちらかといえば、そのほうが面白かったかなぁ。

でも横山秀夫サスペンスは暗く重たいが、大外れがないのがいいところ。

3班が出てきてないのが気になるけれど、シリーズ化するかも。

そしたら、今度はだれが主役かな。

・・・・・

この間金曜プレステージに出演していた洞口依子さん。

イマイチひねりが足りない。~金曜プレステージ・西村京太郎スペシャル警部補・佐々木丈太郎(7) ネタバレ 感想
http://tarotato-tarotaro.blog.so-net.ne.jp/2014-06-20-2

今回はワンシーン。

最近よく見かける鈴木一真、しかし主演には程遠いんだろうか。

犯人役も多いな。

次回は松本清張サスペンス。

米倉涼子だって。

なんたる既視感。


スポンサードリンク




キャスト
田中武次  ・・・  中村俊介
朽木泰正  ・・・  田中哲司
楠見    ・・・  光石研
田畑昭信  ・・・  矢島健一
屋敷    ・・・  相島一之
阿東久司  ・・・  鈴木一真
魚住貴子  ・・・  洞口依子
田中秀子  ・・・  岡本麗
安土    ・・・  菅田俊
丹羽奈保子 ・・・  入来茉里
丹羽文代  ・・・  栗田よう子
赤坂唯   ・・・  田代さやか
森隆弘   ・・・  鈴之助
殿村    ・・・  川口力哉
尾関    ・・・  伊武雅刀
にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村



E
コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
前の1件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。