SSブログ

『信長協奏曲 』 第1話 「高校生が戦国へ」 ネタバレ 感想 ~柳楽優弥が怪演したのに、死んじゃった件 [気になるドラマ-2014秋]

『信長協奏曲 』 第1話 「高校生が戦国へ」

高校生がタイムスリップして戦国時代へ!そしてまさかの織田信長に…!?スニーカーで生き延びろ!!
命の危機と隣り合わせの戦国の世で見つける青春、友情、ときどき、恋。

広告





[あらすじ]
修学旅行で時代村にやって来た高校生のサブロー(小栗旬)は、武士や町人に扮したアトラクションキャストが行き交う中、同級生の女子に告白。良い返事がもらえそうにないと感じると、携帯に電話がかかってきたふりをして逃げ出した。仲間の男子たちに、フラれたわけではないと強がるサブロー。だが、男子たちは過去のさまざまな例を挙げ、サブローは逃げ癖があると責める。そんな時、サブローが転ぶ。足下には“戦国武将体験コース”などと書かれた看板。見回すと友人の姿がない。ひとりでアトラクションに迷い込んだと思ったサブローは、抜け出そうと高い壁に登るが落下してしまう。
 サブローが目を覚ますと、建物など何もない自然風景。携帯電話も圏外。そこに馬に乗った二人の侍が来た。声をかけたサブローはビックリ。片方の侍が自分そっくりなのだ。サブローのそっくりさんは、織田信長(小栗旬・二役)と名乗る。そして、「自分の代わりに織田信長として生きてくれないか?」とサブローに問う。アトラクションだと疑わないサブローは、信長の証としての刀を受け取って承諾した。
信長たちが去ると、新たに三人の侍が出現。侍たちは、サブローを信長と疑わずに那古野城へ連れて行く。そこに今川勢が攻めて来たとの知らせ。すぐに戦場へと向かうことになるサブロー。まだ、アトラクションと思い込むサブローだが、戦場で繰り広げられる命のやりとりに、ようやくここが本物の“戦国”だと気づいて…。
[HPから引用]


原作コチラ

石井 あゆみ 信長協奏曲


121180.jpg

せめて、5.6年前の小栗旬に演じて欲しかったかも(苦笑)

さすがに、学ラン姿は似合わね~。

でも、戦国時代にスリップして、信長を始めてからは、ま、しっくりくるなぁ。

いや、でも感じは高校生のまんまで演じてるから、やっぱり顎の下のシワとか気になるw

ま、プリプリの綺麗なヒップだったんで、許してやろうw

「BORDER」以来、小栗旬に甘いワタシ。


+++++



信長の弟・織田信行役の柳楽優弥!!

▼「誰も知らない」


子供のころの、やぎゅらぁゆぅや(byタランティーノ)の「目力」にやられましたけど、今回の完全にイった目の柳楽優弥も、かなりのインパクト!!!

彼は、敵役、キ●ガイ役が似合う俳優になったなぁ。

数年前も変わった犯罪者を演じてたんだよなぁ。
高校生くらいだったか。
その時はたどたどしかったけれど、いい子ちゃんの役よりマシだった。

今となっては、エエじゃないか(爆)

昔は織田裕二に似ていると思ったけれど、今井翼にも似てるなぁ。

あ、織田裕二と今井翼は同じラインかもしれないけど。

早速ネタばれするけど、死んじゃったのが惜しい!!

あ、ついでに、澤部佑も死んじゃったよ。

++++

向井理は?

向井理は、苦手なんです(笑)

だいたいテンプレ通りっていうか、ワタシ、ムカイリ嫌いそうでしょ?(誰にきーとんねん)

顔が小さいなぁ~とは思ったけど、彼の場合、セリフが聞き取りにくいんですわ。

殴られる芝居もコントかと思ったし。

喋らなければ男前ってのはわかるの。

あ、声も良いと思うんだけどさ~。

周りが濃いすぎて、薄すぎる印象。

++++

柴咲コウは、変わらないね。

こういう強気な女の役をすると、イキイキするね。

主要キャストには、時代劇を演じることのできる俳優はほぼいないのです。

小栗旬はできそうだけどな。

向井理と柴咲コウは無理なんですよ。

画になる二人ではありますが。


で、山田孝之の出演シーンは少ないのか?

ちょっとしか出てこないじゃん。

山田孝之は頼りになるキャスティングだと思うのになぁ。

山田孝之と早乙女太一のツーショットがBLっぽくて、そういうの好きな人には、サービスシーンかも(苦笑)


+++++


こうやって民放の「時代劇もどき」を観ると、NHKの大河ドラマのセットや衣装って金がかかってるんだなぁって思うわ。

ビバ受信料!!

月9とはいえ、チープです。

でもいいんじゃないかなと思うんです。ワタシ。

原作を読んでいないので、違和感もそんなにはないし(苦笑)

そりゃ、キャストの年齢は気になったよ。

しかし、濃姫が柴咲コウなら、信長も小栗旬くらいの年の俳優じゃないと釣り合わないし。


戦国時代モノなんで、歴史厨の方などは「史実に忠実じゃない!」なんて言い出しそうだけど、まずタイムスリップしてんだから、史実に忠実ってわけにはいかないわな。

所詮、漫画原作なんですから。

ワタシは、戦国時代もテスト前に年号をひたすら覚えて、点数を稼ぐ方式だったので、すべて忘れておりますので、史実に忠実でなくても、気にならない(苦笑)

日本人は、「織田信長」好きだよね~くらいの思い入れしかないわ、信長に。戦国に。


タイムスリップといえば「王家の紋章」を思い出していたんです。


終わらせる気があるのか、ないのか・・・。
しかし「ガラスの仮面」ほど、気にはならない(苦笑)

でも、キャロルのように、あっち行ったり、こっち行ったりするわけではなさそう。

そして、「信長協奏曲」の原作はまだ終わっていないので、どうやって最終回を迎えるのかはわからないけれど、見届けたいとは思う。

期待していなかったのに、面白かった(爆)

640x523xa5b289811a8fc40c8586ede9.jpg


しか~し。

月曜ゴールデンもあるしなぁ。

月曜日に2本観るのツライなぁ。

月9を視聴し続けるのは、何年・・・何十年ぶりかも(爆)

前クールの「HERO」も一回しか見てなかったし。

楽しみにしてます~。

広告





第2話の感想はコチラ
『信長協奏曲 』第2話 「学生服vs警官制服?奇跡の 出会いが運命を変える?」 ネタバレ 感想 ~警察官と戦国武将の西田敏行の怪演!!しかし西田敏行も死んじゃった

第3話の感想はコチラ
『信長協奏曲 』第3話【桶狭間の奇跡!!】  ネタバレ 感想 ~ 雨の降らない”桶狭間の戦い

第4話の感想はコチラ
『信長協奏曲 』第4話 「塵も積もれば道になる!サルの一夜城大作戦」 ネタバレ 感想 ~サルが綺麗になった!! 

第5話の感想はコチラ
『信長協奏曲 』第5話 「信長の妹、お市の嫁入り・・・今夜は「戦国ラブストーリー」 ネタバレ 感想 ~ラブストーリーは20分くらいで良かったのに・・・。

第6話の感想はコチラ
『信長協奏曲 』第6話 「オニが城にやって来た!全国指名手配の書状」 ネタバレ 感想 ~古田新太は2014年から来たヤクザ!

第7話の感想はコチラ
『信長協奏曲 』 第7話 「戦、そして、裏切り・・・戦国で生きるということ」 ネタバレ 感想 ~ アラサー向井とアラフィフ高嶋兄の裸体にさほど差がなかった件 

第8話の感想はコチラ
衝撃の事実 !第一話からもう20年経ってた!~『信長協奏曲』 第8話 「さらば、友よ。戦国に散る命…父の想いは時を越えて…」 ネタバレ 感想 

第9話の感想はコチラ
『信長協奏曲 』第9話 「二人の信長…!!戦国のメリークリスマス」 ネタバレ感想 ~ 比叡山焼き討ち&クリパー! 

第10話の感想はコチラ
『信長協奏曲 』 第10話 「ニセモノの信長vsホンモノの信長!衝撃のクライマックス!」 ネタバレ 感想~ 常興は恩をあだで返すタイプ 

最終話の感想はコチラ
『信長協奏曲 』 第11話 「最終回 15分拡大 友との約束!500年後の未来のために 」 ネタバレ 感想 ~ 映画化キタ━(゚∀゚)━! 
キャスト
織田家サブロー / 織田信長 - 小栗旬
明智光秀 - 小栗旬(二役)
帰蝶 - 柴咲コウ
池田恒興 - 向井理
木下藤吉郎 - 山田孝之
竹中半兵衛 - 藤木直人(友情出演)
前田犬千代 - 藤ヶ谷太輔(Kis-My-Ft2)
ゆき - 夏帆
徳川家康 - 濱田岳
柴田勝家 - 高嶋政宏

森可成 - 森下能幸
丹羽長秀 - 阪田マサノブ
佐々成政 - 阿部進之介
沢彦 - でんでん
織田信秀 - 団時朗
織田信清 - 麿赤兒

斎藤家斎藤義龍 - 新井浩文
斎藤道三 - 西田敏行

今川家段蔵 - 早乙女太一
今川義元 - 生瀬勝久


にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村



コメント(2)  トラックバック(12) 
共通テーマ:テレビ

コメント 2

イーダ

tarotaroさん、こんにちは!
いつのまにか秋ドラマが続々はじまってますね。

同じくすっかり小栗旬びいきのw私も久しぶりに月9枠を見ましたよ。
しかも苦手な歴史モノ、かつタイムスリップとか旬(ダレ?)出なかったら間違いなくスルーですよ。
そんだけBORDERが良かったんだなぁ、あー良かったなぁ。。。

結果、想像以上に面白かったです。
チビッコドラマになりそうな設定なのに演技が上手いのでけっこう入り込めました。
柳楽優弥にはもうちょっと出て欲しかったですね。
運ばれたり太ったりしましたけどシュッとした良い役者さんになりました。
さすが是枝監督は見る目があったってことですね。
来週は西田敏行、本物が出ますw

今日は選TAXIを見る予定です。
by イーダ (2014-10-14 15:25) 

tarotaro

イーダさん、こんばんは!お久しぶりです(*゚▽゚*)

イーダさんもすっかり旬wの虜wwですね(爆)
いくら、小栗ッシュが出ていようと、面白くなければ2回目はないと思っていたんですけど、面白かったです~。
「JIN」の影響?か、使い古された感のあるタイムスリップモノでしたが、違和感なかったです。
これが月9?ってテーマですけど(苦笑)
でも、本物の信長が明智光秀になるなんて、よく考えつくなぁと。
今から、最終回が気になります。
本能寺まで描くんですかね?

柳楽優弥、激太りドラッグ中毒?の時はどうしたもんかと思いましたけど、結婚してからメンタルも安定してきたんですかね?
もうあと何回か出て欲しかったです!

西田敏行・・・掛け持ちで頑張るんですな。
秀吉のイメージがあるんですが・・・時代劇っぽくなってくるかもw

ワタシもバカリズム脚本は楽しみです~!
by tarotaro (2014-10-14 21:08) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ハンドルネームがないコメントは受け付けません。

トラックバック 12

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。