SSブログ

月曜ゴールデン「赤かぶ検事奮戦記5」 ネタバレ 感想 ~検事が万引き犯を見逃すなんてありえない。 [気になる2時間ドラマ/SPドラマ]

月曜ゴールデン「赤かぶ検事奮戦記5」
「職業は愛人!!怪しい女の溺死は老資産家の金を巡る殺人か?鍵を握る少年と育児放棄母貧しい祖母は万引犯…怒る人情検事の決断」
にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

広告




[あらすじ]
京都のとあるマンションの浴室で吉原香奈子(池本あすか)の死体が発見された。第一発見者は香奈子を愛人として囲っていた資産家の江田寅吉(森次晃嗣)である。赤かぶ検事こと柊茂(中村梅雀)が現場に到着すると、京都府警の行天燎子警部補(原沙知絵)と溝口賢一警部(中西良太)がすでに捜査を開始していた。事故にも見えるが不審な点が多く、柊は首をひねる。
検死の結果、香奈子は殺害された疑いが強く、さらに香奈子が江田の子を妊娠していたことも分かり、江田は激怒する。江田は後妻の菊江(根本りつ子)と暮らしているが実子がおらず、血縁のある浩一郎(姜暢雄)を養子に迎えている。香奈子の懐妊を知って財産相続の立場が危うくなった浩一郎が香奈子を殺したのではないかと疑い、江田は浩一郎と絶縁すると声を荒げる。そんな浩一郎は犯行があった時刻はホステスの浜岡咲子(森下千里)と一緒にいたと語り、犯行を否認する。
一方、柊は妻の春子(古手川祐子)に頼まれて立ち寄った店舗で浜岡尚代(岩本多代)が万引きする現場に出くわす。孫の隆彦(鈴木翼)にクレヨンをせがまれての犯行だった。尚代と隆彦が二人暮らしだと知った柊は、尚代が拘留されている間、隆彦を自宅に引き取ることに。春子と娘の葉子(菊川怜)もかいがいしく隆彦の世話をする。
後日、行天から愛人殺害事件について捜査の説明を受けた柊は、浩一郎のアリバイを握る咲子が隆彦の母親であることに気付く。咲子は浩一郎と結婚する約束をしており、浩一郎の側を離れられないと語る。そんな咲子に柊は息子のいる家庭に帰るよう諭す。
そんな矢先、江田が殺害された。前の晩若い女に電話で呼び出されてから行方が分からなくなったと菊江は語り、調べの結果、電話をかけたのが咲子だと判明した。当然咲子に嫌疑が掛かるのだが、柊は慎重に事件の真相を推理する…。
[HPから引用]
原作はコチラ

涙は血よりも濃し / 和久峻三


実行犯人は、根本りつ子。

主犯は、姜暢雄

ま、最初からわかってたよね。

根本りつ子の夫・森次晃嗣は愛人に子供ができた。
初めての実子だ。

姜暢雄は親戚の子で養子縁組をしたが、会社の金を使い込んでいた。
養子縁組は解消して、実子にあとを継がせたい。

姜暢雄は、根本りつ子とできていた。
根本りつ子は姜暢雄に貢いでいた。

命じられるまま、夫の愛人と夫を殺した。

++++
bd98fa7f1bfc47788da2651d46564c2b.jpg

事件よりも、岩本多代と森下千里母娘と孫のサイドストーリーがメインなんだろうと思う。
事件は単純なものだったし、最初に「根本りつこ」が犯人だなぁって思ったし。

岩本多代は、100円ショップで万引きをして起訴される。
もちろん、情状酌量の余地はあるんだけど、人権派の弁護士が、裁判で岩本多代を援護するのはわかるが、梅雀は検事なわけで・・・。

万引きの現行犯を擁護するのはちょっと違う。
未遂だし、被害がないと言うのはちと違う。
盗んだ商品はたった105円だからというのもダメ。

万引きで潰れる店もある。
本当に貧乏で老人だったからと許されることではない。
もちろん、子供の万引きも許されることではない。

これは、抗議されても仕方がないぞ、TBS。
こんな検事いたら、やばいでしょ?
娘の菊川玲が言うように、弁護士になったほうが良いわ。

+++++

岩本多代さんは、本当にうまいんです。
好きな女優さんなんです。
しかし、森下千里の母には見えない。

これは、森下千里のキャスティングが問題。

まず全く芝居ができない。

今時、学芸会で演劇をすることもないかもしれないが、子役もきちんと頑張っているのにひどすぎる。

ただでさえ、梅雀の娘役の菊川怜が危なっかしいと言うのに、1本のドラマに2人も棒はいらない。

とにかく森下千里が不快。

セリフはキャンキャンキャンキャン吠えているだけ。

シンママの苦悩も、最後改心して子供を迎えに行く心情も、まったく理解せず、覚えたセリフを言っているだけだろう。
主要キャストをするような演技力の持ち主ではないし、登場シーンでもこんな重要な役になるとは思わなかった。


姜はクズ役だったけれど、、何人もの女を騙せる色気を感じなかった。

土曜ワイド劇場に続き、女刑事役の原沙知絵。
原沙知絵は刑事が似合うなぁ、一般のOLにしては、デカイしな~。

ま、大好きな岩本多代さんを見れれて良かった。

あと、古手川祐子がちょっとだけ・・・ほんのちょっとだけ持ち直していた気がする。

広告





赤かぶ検事シリーズ
月曜ゴールデン「赤かぶ検事奮戦記5」 ネタバレ 感想 ~検事が万引き犯を見逃すなんてありえない。
月曜名作劇場「赤かぶ検事奮戦記6」 ネタバレ 感想~波岡一喜の安定のチンピラ感
「赤かぶ検事奮戦記7」 ネタバレ 感想~善の早とちりが過ぎる。
【キャスト】
柊 茂:中村梅雀

柊 葉子:菊川 怜

行天燎子:原 沙知絵 

溝口賢一:中西良太
桜田梅子:川俣しのぶ

柊 春子:古手川祐子

浜岡咲子:森下千里
浜岡尚代:岩本多代
江田浩一郎:姜 暢雄
江田寅吉:森次晃嗣
江田菊江:根本りつ子




にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

コメント(0)  トラックバック(2) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ハンドルネームがないコメントは受け付けません。

トラックバック 2

トラックバックの受付は締め切りました