SSブログ

「カインとアベル」 第7話 ネタバレ 感想~壁のないホテル。野宿のようなホテル。 [気になるドラマ-2016秋]

「カインとアベル」 第7話 「撃のラスト!迫りくる決別のとき…!」

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

優(山田)と梓(倉科)の距離は確実に近づいているが、その裏で隆一(桐谷)との結婚準備も進み…。そんな中、優と梓は社運を賭けた大きなプロジェクトに挑む!

[あらすじ]
高田たかだ優ゆう(山田涼介)は、矢作やはぎ梓あずさ(倉科カナ)への禁断の愛に揺れる。梓も結婚を控えた隆一(桐谷健太)と優への想いの天秤が均衡を失おうとしていた。
 そんな中、優と梓はドレイモンドとのリゾートホテル共同開発の事業計画の最終プレゼンの日を迎える。ドレイモンドからは、CEOのスティーブン・ホール(Richard W)も出席。スティーブンは厳しい経営者として知られていて、彼を共同経営に参画させることは高田総合地所の将来に関わる案件だ。



 優は、ここまで築き上げて来たプロジェクトチームのメンバーの想いも背負ってプレゼンを始める。梓は優のフォローを完璧にこなしていくのだが、スティーブンの表情は和らぐことはない。その夜の夕食会で、優はちょっとしたミスをするのだが、それも梓のおかげで事なきを得た。  その頃、隆一は貴行(高嶋政伸)に自分が優のフォローに行くと話す。しかし、貴行はすべてを優に任せるとキッパリ。さらに優が成功したら高田総合地所の英雄になると言う貴行に、隆一は言葉を失った。
 翌日、優たちはスティーブンをホテル建設の候補地へと案内する。手つかずの野原には、優が手配したテーブルやソファなどが置いてあった。コンセプトを肌で感じてもらおうとする優に、スティーブンの固い表情もほどけていく。
 プレゼンは支払報酬の割合を決める段階に入った。優はドレイモンドへの報酬の妥協点を20%と貴行たちに厳命されているが…。
[HPから引用]


広告





原案はコチラ

旧約聖書 創世記 カインとアベルより


t2euNzl9EJBTRcE.jpg

「英雄になるだろう」

冒頭で父が言ったように優はトントン拍子に出世だ!!

プレゼンでは失敗を梓にフォローしてもらいつつ、奇をてらった方法で行う。

野宿のようなホテル

え・・・えぇ!!

何もない野原に天蓋付きのベッド。

壁がないホテル。
障子のホテル。
風を感じるホテル。
四季折々の風を感じるホテル・・・・。

ワタシには魅力的に感じないが、外国人には響くのか・・・。

めっちゃ風がキツイのにあんなとこでベッドに寝転がって気持ちがええのか・・・。
しかもクソ寒いのに風鈴の音はいらない・・・。

ガラス張りのhと得るなんて嫌だ~。
暑いし寒いやん・・・。

プレゼンは成功。

しかし、父や兄から、報酬の妥協点を20%と厳命されていたのに、優ったら・・・。


フィフティーンパーセント

フィフティーンパーセント

フィフティーンパーセント



15%を譲らない。

決裂したら意味ねーわ。

仲間のことを考えたら、20%じゃ割に合わないと自分の意思を押し通す。
しかし・・・・。
利益が出ないのに、「20%」が妥協点と言った社長は大丈夫なのか?

内心喜んでいるだろう兄貴と役員らに謝る社長。
しかしそこに・・・。


スティーブンキタ――(゚∀゚)――!!

もう少しハラハラさせられるのかと思ったら、スティーブンからの連絡が早すぎる。

あの壁のないホテルにそれだけの価値あるんだねぇ。


「現地でベッドに寝かされた」

「あんな男は初めてだ!素晴らしい! 」

スティーブン、そんなに野宿ベッドが好きなんだ。



+++++++

梓は優を褒めまくり。

あんなに仕事も英語も出来るのに、空気が読めないのねぇ。

「仕事を辞める」って勝手に優くんに言った!
って不信に思っていたんだから、兄貴が優に嫉妬していることくらいわかるやろうに。

なんで、そんなに「優くん優くん」言うんだ!

嫉妬すると顎がしゃくれるのね、兄貴!

しゃくれ出すと、っ余計に滑舌が悪い・・・・。

「アイツは絶対に開かないトビラを開けた。
 英雄になった。
 俺と無理して結婚しなくてもいい。」


「結婚するって決めたの。
 隆一さんについていくと決めたの。」


って、なんなの!?
ただのマリッジブルーだっただけ?

兄貴の嫉妬を煽るだけ煽って、ただのツンデレかい!
兄貴について行くと言ったわりには、弟に抱きついていたくせに。
もう別れれば良かったのに!!
ラストチャンスだったんじゃないか?



++++++


優、取締役に昇格。

さすがに早すぎやろ!!
最近ちょっと頭角を現しただけで、まだまだ役員には・・・。

自転車通勤から運転手付きの送迎車で出勤する優。

兄貴に挨拶をしようとしたら。ガン無視!!!

兄貴露骨!





来週から、立場が逆転して、優くんが嫌な奴になるっぽいねぇ。
兄貴可哀想になってきた。
帝王教育されて、我慢したこともあったのに、自由気ままな弟があっさり成功。
父の興味は弟に移る・・・。
しかし商談やプレゼンなどビジネス関係の設定が甘い。


梓は兄貴と弟の前で態度を使い分けしているかのよう。
あんまり恋愛ターンはいらないかも(苦笑)
同期の仕事をしない女の子もやたらでてくるけど、あんまり深くかかわらないで欲しいw
そんな彼女にデカ女って言う山田涼介くん。
君が「チビ男」なんだけど・・・。
これだけ気の置けない仲ってことなのかもしれないけれど、もうラストが近いので女関係はいらないなぁ。

どっちかってーと、恋愛よりビジネスの方を楽しみにしていたんだけど・・・。
来週は100億をポーンと出してくれる竹中直人が出てきて引っ掻き回しそうだけど・・・。
ビジネスのターンはあんまり期待できないかなぁ。
結構な絵空事だった。

でもタイトルには近づいてきたかな。
弟に抜かれ危うい立場の兄。
やっぱり、タイトル通りに行くなら
兄と弟の確執
を描かないと!

今日は兄・桐谷健太のターンが少なかった。
でも来週は多そう。

兄弟の確執がメインなんだろうけど、ちょっと着手するのが遅すぎたような気がしないでもない。
兄貴は弟のことを見下していたけれど、弟はそこまで兄貴に対抗していなかった。
あと3話で描ききれるのかなぁ。
もっと早い段階から兄弟の確執に着手していれば、もっと視聴率も上がったかもしれないのに。取れただろうに 。


広告




主題歌はコチラ

Hey! Say! JUMP「Give Me Love」


感想はコチラ
「カインとアベル」 第1話 ネタバレ 感想~YOUはカインとアベルのどちらなの?
「カインとアベル」第2話 ネタバレ 感想~ラスト2分47秒に衝撃はなかった。
「カインとアベル」 第3話 ネタバレ 感想~桐谷健太が廃人のように・・・失踪。
「カインとアベル」第4話 ネタバレ 感想~ドヤ顔の桐谷健太が痛い。
「カインとアベル」 第5話 ネタバレ 感想~黒髪ビジネスマンに変身
「カインとアベル」 第6話 ネタバレ 感想~理性で踏みとどまったキス。もしくは兄貴の呪い。
「カインとアベル」 第8話 ネタバレ 感想~桐谷健太の号泣に心が奪われた(爆)
「カインとアベル」 第9話 ネタバレ 感想~兄弟仲を引っ掻き回すタチの悪いヒロイン。
「カインとアベル」 最終話 ネタバレ 感想~竹中直人がいつもお金を出して助けてくれるドラマ。
CAST
高田 優   - 山田涼介(幼少期:岩田琉聖)
高田 隆一  - 桐谷健太(幼少期:高山稜来)
矢作 梓   - 倉科カナ
高田 貴行  - 高嶋政伸
]団 衛   - 木下ほうか
佐々木 肇  - 日野陽仁
柴田 ひかり - 山崎紘菜
安藤 充 - 西村元貴
三沢 陽太  - 戸塚純貴
広瀬 早希  - 大塚寧々
芹沢 桃子  - 南果歩
高田 宗一郎 - 平幹二朗



にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

コメント 2

大吟醸

たろたろさんこんにちは(^O^)
録画見てやっと追い付きました。

もう7話まで来ちゃってるんですねぇ。
なんだか、盛り上がってそうであまり盛り上がってない感じですけど^^;

たろたろさんのおっしゃるように設定が甘すぎますね。
こんな会社の将来を左右するような大きな案件のプレゼンを
「平社員2人」に任せる会社なんて、中小企業ですか(笑)

あの野外ホテルも雨が降ったらどうなんだとか
「フィフティーンパーセント」のくだりはもう結末が見えてましたけど
スティーブンの登場が早すぎました^^;

このドラマ、全体的に「兄弟の確執」が大きなテーマなんでしょうが
いかんせんその兄弟が桐谷健太のあのしゃべり方と童顔の山田くんでは
その心情が伝わってこなくて残念です。
もっと上手い俳優さんで見てみたい。

取締役就任は当然断ると思ったらまさかのウエルカムだし
急に嫌な感じの男になるのも違和感いっぱいですね。

原作を読んでないので結末はわかりませんが
結局弟が兄をたてて自分が身を引くとか
実は桐谷の母が桃ちゃんだったとか・・ないですかねぇ(^O^)

私も同期の女の子苦手です。
職場で慣れ慣れすぎる態度もだけど、あんなに他人の髪の毛触る?
あと、最近木下ほうかの演技力はどうなんだと疑問に思ってます(><)

長々と支離滅裂にすみません<m(__)m>
by 大吟醸 (2016-11-30 10:54) 

tarotaro

大吟醸さん、書き込みありがとうございます。

甘いですよねぇ。
特に会社の設定は、甘い。
同族会社でもあの設定はないですよ。
なのに「100億円」ってお金を動かす会社には見えないです。
なんで木下ほうかも行かないんですかね。
そして取引先もスティーブと通訳と少人数です。
そんなもんですかね?
スティーブの心変わりも早すぎです(苦笑)

兄弟の確執。
桐谷健太は浦ちゃんとかヤンキーの役を払拭したいのかもしれないけれど、エリートが似合わない。
滑舌も悪いし、舌と顎の長さだけに目がいきますw

弟は兄貴と一緒に会社を盛り立てたくて役員を引き受けたのかもしれませんが、あと数回しかないのに急に悪になるのは・・・。
原作は旧約聖書ですが、最後まで兄は黒かったと思うんですが・・・。

同期の女子、ホント、可愛くないんですよねぇ(苦笑)
あの恋愛脳がバカバカしくって。
若い娘ってあんなもんかもしれませんが、ちょっと邪魔ですよねぇ。
木下ほうかは・・・自分の作ったキャラクターを処理できていない感じ・・・。

最終回まであと少しですが、猛スピードでコトが起こり、コトが収まりそうな予感。
原作は最後は悲劇的だったと思うのですが、どうなるんでしょうね・・・。
by tarotaro (2016-12-01 09:18) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ハンドルネームがないコメントは受け付けません。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。