SSブログ

「みをつくし料理帖」 第6話 ネタバレ 感想~料理人と武士と医者の三角関係。キュンキュンさ! [気になるドラマ-2017春]

土曜時代ドラマ 「みをつくし料理帖」 第6話「う尽(づ)くし」
澪(黒木華)は、佐兵衛の行方をさがすという富三(大倉孝二)のことを信用できない。芳から奪ったかんざしを返して欲しいと富三に訴えるが、逆に突き飛ばされてしまう。


にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村


[あらすじ]
佐兵衛(柳下大)の失踪の謎を知っていた富三(大倉孝二)は、芳(安田成美)から簪を預かり、それを質に入れて手にしたお金で吉原に行き、佐兵衛の行方を調べるという。しかしそれは息子を心配する母心につけこんだ嘘だった。富三を信用していなかった澪(黒木華)は、芳の簪を返せと迫るが富三は相手にしない。そこに又次(萩原聖人)が現れ、富三の嘘を暴く。佐兵衛が店の金を使い込んで吉原の遊女に貢いだ挙句、その遊女を殺して失踪したというのは作り話で、店の金を使い込んでいたのは富三本人だった。そんな富三が許せない又次は馬乗りになって富三を殴り続けるが、それを止めたのは芳だった。佐兵衛が人殺しではなかったことがわかっただけでもよかったのだと・・・。
[HPから引用]

広告





原作はコチラ

髙田郁/みをつくし料理帖シリーズ
『八朔の雪』『花散らしの雨』『想い雲』『今朝の春』『今朝の春』『小夜しぐれ』『心星ひとつ』『夏天の虹』『残月』 『美雪晴れ』『天の梯』 

漫画はコチラ

岡田理知『八朔の雪 みをつくし料理帖』

みをつくし料理帖 黒木華 ドラマ 画像.jpg


富三が作った料理は客に不評のようだと言い出すふきちゃん。

つる家にやってきた又次は、富三の料理を

「包丁の手入れが出来ていない」

という。

不信感を募らせる澪。

息子探しには金がいると、ご寮さんから簪を巻き上げた富三から、簪を取り返そうと言い争う。
そこへやってきた又次←めっちゃカッコ良い!!!
又次に嘘を見抜かれて、殴られた富三。

「世間知らずのぼんちの若旦那は、騙されて、やってもいない女郎殺しの罪を着せられて逃げ出した」

二年前、白魚橋の袂で、釣り忍売りをしている旦那を見たが、真っ白で痩せこけて死神が取り付いているようだった。

生きているとは思われへん」

と、憎たらしい捨て台詞を吐いて、逃げていった。

それでも息子が人殺しでなくて良かったと思うご寮さん。
簪は、売り飛ばされてもう手元にない。


又次が「青梅の蜜煮」が欲しいと言ったことで、野江ちゃんに何かあったと思う澪。
野江ちゃんは、「青梅の蜜煮」が苦手だったが、調子が悪いとにきは必ず食べた。

野江ちゃんはほかの女郎をかばって切られてしまった。
うわごとで澪に会いたいと言っていた。

それを聞いた澪は、

「私に看病させてください。」

と言う澪

「それはならない。
 今の姿をおまえに見られたいと思っているのか?」

だまってしまう澪。

+++++

つる家の暑気払い料理は土用「う」尽くし。

酢締めのアジの卯の花和え、梅土佐豆腐、瓜の葛ひき、埋め飯。梅の蜜煮。

珍しく閉店前にやってきた小松原。
小松原の忘れ物の手ぬぐいを持って行く澪。

「いつの忘れ物だ?
 そんなものはいらん。
 おまえにくれてやる。」

喜ぶ澪。
澪の様子を見つめるご寮さん。
「はは~~ん。澪。恋しているな!」
と気づいた模様w

+++++

閉店後、う尽くしを目の前にする小松原。
「梅の蜜煮」に顔が曇る。

「甘いものは苦手だ。」

ジトーっと小松原を見つめる澪。

「わかった!食べる」

一口食べて、

「酸味も効いていて、これくらいの甘さなら大丈夫。
 食べられる。」

喜ぶ澪。

ほかに嫌いなものはあるのか?
と聞き出し、そりゃもういちゃこら!!
それを見つめている永田源斉先生。
先生、澪が好きでしょ?
ちょっと嫉妬しているでしょ??




又次がカッコ良い!

そして

小松原にもキュン!!

小松原様に、上がり眉だけど、下がり眉と言われた~~い。←バカ


「梅の蜜煮」を食べられないと聞いたときの澪の顔が可愛くて、可愛くて。
それにほだされる小松原も、可愛くて可愛くて。

もう!告白して(爆)

あぁ、この二人に幸せになってもらいたい。
でも武士と料理人じゃ・・・・。
あぁ。悲恋かもん(泣)


武士と医者と料理人の三角関係

小松原は厳しいながらも、ツンデレでミステリアスな男。
澪の料理や行き方にも影響を与えそう。
そして澪は成長できる。

源斉先生は、とにかく温厚で優しい。
困っている澪を助けてくれるし、見守ってくれる。

あぁ、魅力的な武士(爆)
これはアレかなぁ、役者への思い入れかもしれんな。
お医者様の中の人がワタシの個人的に大好きな役者だったら、医者にも揺らいだと思うんだけど(苦笑)


しかしあんなに美食家の兄をもちながら、妹は料理ベタなのね。
しかも真っ黒焦げなうなぎをおいしいと食べるところを見ると、妹夫婦は味音痴なんだろうか?
いつもはチンピラ役の波岡一喜が良い人っぽいし、妹とラブラブっぽいのはエエんやけどねw
で、今日はお医者様のお父さんも登場。
この三角関係・・・切ないが、家族も巻き込んでいくんだろうか。


憎まれ役を演じられないキム兄。
未熟者が!
ってすべてオマエにブーメラン(爆)
今のところさほど重要ではない気がするので、いらないのでは・・・。
もし重要な役どころになるなら、役者が不安だよねぇ。

大倉孝二は退場かなぁ~。
ホント、嫌なやつだったが、富三(大倉孝二)のバックにいるのは誰なんだろう・・・。
又次(萩原聖人)の言うように、あんな頭の悪そうな男が店を乗っ取るようなことはできまい。
又次の腕っ節もすごかったなぁ。
もっともっとボッコボッコにして欲しかったよ~。
又次の忠誠心は恋心ではなく親心なんだろうか。
コチラはコチラで切ない・・・・。


あと2話で終わりなんて寂しいよ~。
でも続編も決まったみたいだから、嬉しい!!

広告







感想はコチラ
「みをつくし料理帖」 第1話 ネタバレ 感想~重版出来!重版出来!
「みをつくし料理帖」 第2話 ネタバレ 感想~森山未來に賭けた!!
「みをつくし料理帖」 第3話 ネタバレ 感想~登龍楼よ、恥を知れ! 
「みをつくし料理帖」 第4話 ネタバレ 感想~合言葉は「雲外蒼天」「旭日昇天」 
「みをつくし料理帖」 第5話 ネタバレ 感想~うーうーうーうー卯の花!! 
「みをつくし料理帖」 第7話 ネタバレ 感想~「涙は来ん来ん」、泣かないおまじないで号泣。
「みをつくし料理帖」 最終回 ネタバレ 感想~続編が待ち遠しい!
出演者
澪(みお)黒木華
大坂生まれの女料理人。享和2年の水害で両親を亡くした後、料理屋「天満一兆庵」の女将・芳に助けられ、奉公することになった。ある時、店の料理の味が変わったのは井戸水の味が変わったからだということをただ一人見抜き、店主の嘉平衛から女料理人に抜擢される。以来、料理の厳しい修業を積みながら、波乱に満ちた人生を歩んでいく。江戸に下ってからは種市が営む「つる家」で腕をふるう。

小松原(こまつばら)森山未來
澪が料理人をつとめる「つる家」の常連客の武士。澪の料理に対して常に本質をついた批評をし、味のみならず、澪の料理人としての生き方にも道筋を与えていく。その厳しくも深い愛情に、澪は次第に惹かれていく。普段は浪人風情だが、その正体は謎に包まれている。

永田源斉 永山絢斗
父は御典医だが、自身は町医者として市井に生きている。化け物稲荷で一心に祈る澪の姿を見て以来、澪をはじめ、長屋やつる家の人々と深く関わるようになる。医者の立場から、澪の料理に的確な助言を与え、励ましていくうちに、澪に対して一途な思いを抱くようになる。

★天満一兆庵の人々
芳(よし)安田成美
大坂の料理屋「天満一兆庵」の元女将。水害で路頭に迷っていた澪を助けて以来、母親以上の愛情で澪を育てた。被災地をさまよう澪に食べさせたお粥の味が、澪の料理の味の原点となった。江戸では澪と二人で長屋暮らしだが、澪からは“ご寮さん”と呼ばれている。行方不明の佐兵衛を探し、天満一兆庵の江戸出店を再開させたいと願っている。

嘉平衛(かへえ)国広富之
大坂・天満一兆庵の主人。幼い澪の料理の才を見抜き、当時としては考えられない“女料理人”として澪を育てた。天満一兆庵が焼けた後、澪、芳と共に江戸に下ったが、佐兵衛が行方不明になったことを気に病んで倒れてしまう。

佐兵衛(さへえ)柳下大
大坂・天満一兆庵の一人息子で、江戸出店を託された料理人。元々まじめで腕も良く、一時は江戸出店を繁盛させたが、ある時から行方不明となった。吉原の遊女に入れ込み、散財した挙句に失踪したらしいが、真相はわからない。

富三(とみぞう)大倉孝二
大坂・天満一兆庵の元料理人。佐兵衛が江戸に出店をかまえるときに、一緒に江戸に下った。ふとした縁で「つる家」に現れ、かつての女将だった芳に再会する。佐兵衛の元・同僚として、佐兵衛の失踪の秘密を語り始めるが・・・。

★料理屋「つる家」の人々
種市(たねいち)小日向文世
澪がつとめる料理屋「つる家」の主人。元はそば屋だったが、荒れ果てた化け物稲荷を一生懸命に掃除している澪の姿が、17歳で亡くなった娘と重なり、澪をつる家の料理人として迎え入れる。江戸の味付けに慣れない澪を長い目で暖かく見守り、応援している。

ふき  蒔田彩珠
口入れ屋の紹介でつる家で働くようになった、まだあどけなさの残る13歳。元は江戸の一流料理屋「登龍楼」で下働きをしていたが、つる家に来たのは深い訳があった。澪を姉のように慕い、登龍楼に置いてきた弟・健坊を心の支えにしている。

★長屋の人々
おりょう 麻生祐未
澪と芳が住む江戸・金沢町の長屋の住人。最初は訳あり風の澪と芳を敬遠していたが、二人と心が通じてからは、持ち前の気風のよさで澪と芳を助け、やがてつる家を手伝うようになる。火事で両親を亡くした太一を実の息子のように大切にしている。

伊佐三(いさぞう) 小林正寛
寡黙で心優しい巨漢の大工職人で、おりょうの自慢の夫である。つる家で台所の備品を作ってあげたり、落ち込む澪を励ましたりと、いざというときに男気を発揮する。

★吉原の人々
あさひ太夫(たゆう)成海璃子
吉原・翁屋の花魁。吉原の一の美貌を持つと言われながら、表には姿をあらわさないため“幻の花魁”とも言われている。翁屋では常に別格の扱いだが、その人間性から他の遊女たちからも慕われている。噂になった“とろとろ茶碗蒸し”を作ったのが上方出身の女料理人と知り・・・。

又次(またじ) 萩原聖人
吉原・翁屋の料理番。あさひ太夫を自分の命さえ厭わないほど大切に思っており、あさひ太夫が口にするものにも毎回気を使う。評判を聞きつけて、澪の作った弁当をあさひ太夫のために持ち帰るようになる。澪の話をあさひ太夫に聞かせるうちに、二人の意外な関係がわかってきて…。

伝右衛門(でんえもん)  伊武雅刀
吉原でも格式の高い「翁屋」の楼主。吉原随一の美貌をもつと噂される花魁・あさひ太夫を抱えている。あさひ太夫が食べる料理の作り手を探すうちに澪と出会う。「女に料理人は務まらない」と澪を突き放すのだが・・・。

菊乃(きくの) 柳生みゆ
吉原・翁屋の新造。過去に客とのトラブルに巻き込まれ、花魁のあさひ太夫から救われたことがあり、以来あさひ太夫を心から慕っている。

★つる家の常連客
清右衛門(せいえもん)木村祐一
つる家にたびたび足を運ぶ、売れっ子の戯作者。わがままで怒りっぽく、毎回、澪の料理を食べては厳しい言葉で批評する“辛口のご意見番”。しかし、実はつる家の料理の大ファンである。表では甘い顔は見せないが、さりげなくつる家を支えることもある。

坂村堂嘉久(さかむらどうかきゅう)  村杉蝉之介
神田永富町の版元「坂村堂」の店主。清右衛門に自分の版元で売れる戯作を書いてもらいたいため、美食家の清右衛門においしい料理を食べさせようと画策する中、つる家にたどり着いた。泥鰌ひげがトレードマーク。

★澪のライバル店「登龍楼」
釆女宗馬(うねめそうま) 松尾スズキ
毎年、年末に出回る料理番付けでは、最高位・大関の座に君臨する料理屋「登龍楼」の主人。煮売り屋からはじめて名実ともに江戸屈指の料理屋の主にのし上がった。その地位を脅かす存在に対しては激しく対抗心を燃やす。その火の粉はつる家にも降りかかることになり・・・。

末松(すえまつ)毎熊克哉
毎年、料理番付で最高位をとる「登龍楼」の料理長。腕は確かだが、澪の作る料理が評判になると、その料理とそっくり同じ献立を店に出し、つる家から客を奪おうとする。次第にそれがエスカレートしていき…。

★武家の人々
坂梨志摩守(さかなししまのかみ) 山崎一
将軍に供する食事や菓子の管轄を司る「御膳奉行」を支配する若年寄。将軍が菓子をふるまう儀式「嘉祥の儀」で、お菓子の調達をすべて菓子商任せにせず、城中でも一品作るという新たな試みを提案する。

駒澤弥三郎(こまざわやさぶろう) 波岡一喜
小松原の妹・早帆の夫。小松原の義理の弟でありながら、竹馬の友でもある。江戸城・土圭の間に詰める小納戸役として、将軍の身の回りの世話や、食事の御膳番も務める。

早帆(さほ)佐藤めぐみ
小松原の三歳年下の妹で、駒澤弥三郎の妻。気丈で情に厚く、お見合いを重ねてもなかなか結婚しようとしない兄・小松原のことを心から心配している。料理は得意ではないが、夫の弥三郎は早帆の手料理が大好物である。

広告





























にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村


nice!(0)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

nice!の受付は締め切りました

コメント 5

ふき子

小松原様と澪ちゃんがくっついて欲しい1読者です失礼します。
そうだそうだとうなずきながらたのしく拝読しました。
続編が決まったんでしたか(^_-)☆
2人のイチャイチャがずっと観ていたかった(変態ですね(^^;)のでうれしいです!情報をありがとうございました。


by ふき子 (2017-06-27 11:11) 

tarotaro

ふき子さん、書き込みありがとうございます。

小松原様と澪ちゃんのイチャイチャ、楽しかったですよね~。
あの二人の会話で、心が洗われたような気がします。
身分の差など関係なく、二人には添い遂げてもらいたいです・・・。

続編、楽しみですね。
もっと良い時間帯にやって欲しいです~!

by tarotaro (2017-06-27 22:13) 

ふき子

tarotaroさん
ご返信ありがとうございます .。.:*☆
鱧の回は 〟いちゃこら〝 度合いが物足りなかったですよね
by ふき子 (2017-07-04 09:53) 

ふき子

tarotaroさんの
「ぜんぶおまえにブーメラン」フレーズお気に入りです.。.:*☆
胸のつっかえ棒がとれましたありがとうございました
by ふき子 (2017-07-04 09:59) 

tarotaro

ふき子さん、書き込みありがとうございます。

鱧の回は、小松原様は回想だけで残念でした。
澪も小松原様のご身分を知ってしまいましたし・・・。
最終回、どうなるんでしょうか?

そして最終回もブーメラン男は出てくるのでしょうか。。。
by tarotaro (2017-07-04 16:16) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ハンドルネームがないコメントは受け付けません。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました