SSブログ

ドラマスペシャル「最後の証人」 ネタバレ 感想 ~予定調和なオチにがっかり [気になる2時間ドラマ/SPドラマ]

ドラマスペシャル「最後の証人」
ホテル密室殺人事件!目撃証言、物証…99%有罪確定の法廷に落ちこぼれ弁護士が挑む!!二転三転する真相、誰かが嘘の証言を!?開いたカーテンから見えた予期せぬ真犯人とは!?
main.jpg
にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

広告




[あらすじ]
都内に事務所を構える佐方貞人(上川隆也)は、検察から転身した、いわゆる“ヤメ検弁護士”。刑事事件を専門に扱い、やり手として通っている。

 佐方は突然、舞い込んだ依頼を受け、新米弁護士の小坂千尋(倉科カナ)と共に“米崎”の地に降り立った。佐方に弁護を依頼したのは、米崎のホテルで起きた殺人事件で逮捕、起訴された男・島津邦明(大杉漣)で、すでに公判開始を翌日に控えているという状況だった。島津は米崎で建設会社など手広く事業を展開する、地元の有力者だった。

 被害者は、彼との不倫関係を噂されていた女性・浜田美津子(紺野まひる)で、指紋、血痕、防犯カメラなど、あらゆる証拠が犯人は島津であることを示していた。2人の関係を火遊びだと思っていた島津が彼女から結婚を迫られ、言い争ううちに刺殺したものと誰もが考えていた。

 だが、接見したところ、島津は無実を主張。佐方に弁護を依頼したのも、前任の弁護士が情状狙いの線を崩さなかったため憤慨し解雇、腕の確かな弁護士を捜して佐方に行き着いたらしい。小坂は“まったく勝算のない事件”と判断するが、佐方は事件の背後に何かが隠されていることを直感、あっさり弁護を引き受ける。

 実は、米崎はかつて佐方が検事として勤務していた街で、検察を辞めるきっかけとなった“事件”が起きた因縁の地だった。当時の上司・筒井義雄(伊武雅刀)は現在、公判部長に出世しており、今回の公判を担当するのは佐方の同期で凄腕の検事・庄司真生(松下由樹)だった。

 翌日、公判がはじまった。真生は美津子が島津との不倫にのめり込んだ末に、夫の開業医・高瀬(石黒賢)と離婚したという背景を明らかにし、鮮やかに弁護側を追い込んでいく。そして無謀にも無実を主張する佐方に対し、減刑を求める戦術に改めた方が賢明だと忠告までする。

 そんな中、佐方は美津子が7年前に小学生の息子を事故で亡くしていた事実を知る。真相を見抜くため、佐方は被害者の過去を洗い直しはじめる。だが、状況は佐方の不利であることに変わりはなかった…。

 そして最終弁論、ついに運命の人物が証言台に立った…! それは、佐方が召喚した“最後の証人”だった。その人物によって浮かび上がった、驚愕の真相とは…!?
[HPから引用]




++++
原作はコチラ

最後の証人 [ 柚月裕子 ]



++++

上川隆也、この枠の主演が多いなぁ。

売れない小説家に、遺留捜査に・・・。

感想はコチラ
ドラマスペシャル「遺留捜査」ネタバレ感想~ラストが少し弱い。後半尻すぼみの印象
ドラマスペシャル「遺留捜査」 ネタバレ 感想 ~結局犯人は逮捕されたのか?


intro_img.png

そして、なんかしもぶくれになっちゃった。
ゴチで美味しいもの食べ過ぎたか。
大杉漣も老けたなぁ。

松下由樹は、松下由樹比では痩せたと思っていたけれど、横からみたらかなりの厚み。
厚みは上川隆也を超える。

主要メンバー唯一の20代・倉科カナ。
倉科カナって、華原朋美に似てるなぁ。

+++++

このドラマ、科捜研の女・マリコなら30分ほどで解決できたんではないかと思う。
右京さんならひとりで解決していた。

ってか、こんな事件、法定に持ち込むな!!



証人がプチ豪華。

山下容莉枝でしょ、藤真利子、神保悟志。

まさかのチョイ役。

第一発見者の神保さんが証人で出てきたときにゃ、「犯人おった!」と思ったけれど、ミスリードもなかったかな。


で、最後の証人は、石黒賢で良かったんかな。


紺野まひるは自殺


7年前、紺野まひると石黒賢の息子は交通事故で亡くなった。

息子は赤信号を無視したという理由で、加害者は不起訴。
二人の息子を殺した犯人は。大杉漣。

当時大杉漣は公安部長で、地元の名士だった。

その事件を担当した警察官は、平田満。
母親の介護に妻は病弱。
大杉漣に「なんとかしろ。」と言われ、従わざるを得なかった。

石黒賢は何度も警察に掛け合うが、取り合ってくれない。


1年前、息子の墓前で、息子の友人に出会う。
息子は信号無視なんてしていなかった。
息子の友人は、母親に何度も言ったが、母親が警察に出向くことはなかった・


紺野まひるは末期ガンだった。

大杉漣に復讐してやる

大杉漣の陶芸教室に通い近づく。

ステーキナイフ一突きで、自殺。

夫・石黒賢に指南され、予行練習もしていた。

ナイフの刺さった角度とかどうなさ?

自分で刺したかどうかなんて傷の鑑定でわかるんじゃないの?
ふざけてんの?
雑なトリック。
こんなまどろっこしいことしないで、思う存分大杉漣を刺せばいいよ、もう。

しかし、最後の証人・石黒賢は、最後まで否定した。

展開は読めたけれど、最後に否定したのは良かった。
ここだけは良かった。

泣きながら「その通りです」と告白されたら、もっと残念なドラマになったと思う。


+++

判決は無罪

しかし、大杉漣は激怒。

平田満は7年前の交通事故の件で大杉漣のしたことを証言してしまったし、この件で無罪になっても7年目の事故は再捜査される。

本当に再捜査されるのかなぁ?

「二度と弁護士として働けないようにしてやる!」

と殴りかかる大杉漣。

そんなに権力があるのか?大杉漣。

7年前の事故では不起訴だった大杉漣。
裁判はされていないので、有罪にできるんだろうけど・・・。

最後までクズだった大杉漣を見ていると、紺野まひるが浮かばれないなぁ。

元公安部長が今回は隠蔽出来なかったのは、クロ過ぎってことか。
であれば、7年前の事故も捜査されると思いたいけれどね。

++++

出演者は豪華だったなぁ。

石黒賢はヅラっぽかったなぁ。

松下由樹はが

「いずれまた法廷で」

と言っていたので、シリーズ化されるのかな?
しかし、この枠の上川隆也は、全て同じに見える。
「遺留捜査」とはキャラクターは少し違うが、根底にある性格なんかは一緒。
そして音楽も「遺留捜査」と似ていたので、もう少し差別化したほうが良い。
それに上川隆也が”落ちこぼれ弁護士”に見えなかった。

広告




前回の感想はコチラ
ドラマスペシャル「最後の証人」 ネタバレ 感想 ~予定調和なオチにがっかり
ドラマスペシャル「検事の死命」 ネタバレ 感想~被告を追い詰めた証拠にビックリてかガックリ!
ドラマスペシャル「検事の本懐」 ネタバレ 感想~いつも証拠品がしょぼい。いつも最後は駆け足。
「検事・佐方 ~裁きを望む~」 ネタバレ感想~一事不再理以降がグダグダ
上川隆也の2時間ドラマ感想
「特捜最前線2013~7頭の警察犬」 撃ち合いシーンがスゴイ。笹野高史の「私だけの十字架」。
ドラマスペシャル「遺留捜査」ネタバレ感想~ラストが少し弱い。後半尻すぼみの印象
ドラマスペシャル「遺留捜査」 ネタバレ 感想 ~結局犯人は逮捕されたのか?
月曜ゴールデン「スクープ 遊軍記者・布施京一」 ネタバレ 感想~庄司智春が自然な演技でナンチャンもビックリ? 
「ガードセンター24 広域警備司令室」 ネタバレ 感想~「大丈夫」って言葉が軽すぎる。

出演者
佐方 貞人(さかた・さだと)............... 上川 隆也
庄司 真生(しょうじ・まお)............... 松下 由樹
小坂 千尋(こさか・ちひろ)............... 倉科 カナ
高瀬 光治(たかせ・こうじ)............... 石黒 賢
浜田 美津子(はまだ・みつこ)............. 紺野 まひる
丸山 秀雄(まるやま・ひでお)............. 平田 満
島津 邦明(しまづ・くにあき)..............大杉 漣
筒井 義雄(つつい・よしお)............... 伊武 雅刀
ほか
にほんブログ村 テレ ビブログへ
にほんブログ村





コメント(4)  トラックバック(3) 

コメント 4

アカネ

平田満の警察官は、なぜ赤信号であることを知っていたのかな?子供がはねられるところを目撃していたのかな。
佐方貞人(上川隆也)はなぜ隠している事を知っていたのかな?テレパシーでも使えるのかな?


by アカネ (2015-01-27 16:56) 

tarotaro

アカネさん、こんばんは!!

大杉漣が「赤信号」のことは平田満に告白していたのかなぁって思っていました。
上川隆也は、平田満の隠し事にどうして気づいたか・・・最初はカマをかけたけれど、平田満の動揺で確信したとか・・・。
でも、このあたりは、ちょっと都合が良すぎますね。
何年も隠してきたのに、良心の呵責から自らの罪を告白して謝罪。
あの証言がなければ、大杉漣は無罪にはならなかったし・・・。

科学捜査をなしに描いているので、そこは仕方ないのかもしれないけれど、ワタシは「ためらい傷はないの?」とか、しょうもないことを思ってしまいました(苦笑)
by tarotaro (2015-01-27 22:55) 

アカネ

tarotaroさん回答していただきましてありがとうございます。
このドラマのキーポイントはここだと思いまして、平田満の警察官がその事実を知る必然性を丁寧かつ緻密に描写していただかないと、ホームズ以前の探偵ドラマになるような感じを受けてしまいました。
by アカネ (2015-01-28 00:12) 

tarotaro

アカネさん、こんにちは!!
書き込みありがとうございます。

確かに、平田満はキーパーソンでしたね。
神保悟志や藤真利子が証言台に立っただけで、その後全く出てこなかった。平田満は後半登場するわけですが、揺れ動く心情などは描かれなかったし、唐突に出てきた感じはしました。
「ただ窓が開いていた」というだけで、平田満にたどり着くのは、いかがなものがとも思いました。
by tarotaro (2015-01-28 15:23) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ハンドルネームがないコメントは受け付けません。

トラックバック 3

トラックバックの受付は締め切りました